先日、本屋さんに立ち寄ったら、見つけてしまいました。


_20190328_181539


「心も体も健やかになれる」という表紙の言葉に、私の心は鷲掴みにされました。

私は、ヨガを続けていくなかで、身体だけではなく、心も前向きな気持ちになっていくことを実感しています。



●体調が良くなると、心の調子も良くなる

身体のどこかに不調や痛みがあると、不快な気持ちになるし、気持ちも沈んでしまいます。ヨガでアーサナをすると、身体が健康になり、心の不快感を軽減できるようになります。

●呼吸で自律神経に働きかける→こちらも是非お読みください

呼吸のコントロールを通して、副交感神経を優位に導くことができます。その結果、気持ちをよりリラックスした状態に近づけることが出来ます。

●内観力で自分の不調に気がつくことができる

ヨガはアーサナを通して、自分の状態を内観する力をつけることができます。今の身体の状態と心の状態を客観的に見ることがだんだんと出来るようになり、不調や痛みを事前にケアできます。

心のゆとりを作る


私はざっくりとこんな感じで、自分自身の身体と心に変化があったように思います。その結果、心の中にゆとりが出来て、前向きな気持ちが持てるようになりました。

主人にも、最近、色んな事に積極的にチャレンジするようになったねと言われるようになりました。

気持ちが落ち込み気味な時や、やる気があまりでない時でも、無理せずできる範囲でヨガを行うようにしています。その時の自分と話し合って、呼吸だけに集中したり、簡単なアーサナだけをしています。

それにより、身体を動かすことを通して、心を、よりゆとりのある状態に近づけるように出来ると思っています。

新しい時代に向けて、やりたいことは失敗を恐れずチャレンジする前向きな気持ちを持っていきたいです。